午前10時までのご注文で在庫がそろえば当日出荷(土日祝休)  送料590円(沖縄・離島以外) 8,640円(税込)以上ご購入で送料無料

モリンガワールドは健康・美容の伝道師『モリンガ』の総合専門通販ショップ
こんにちは、__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
( 保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント /会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__ )
コンシェルジュ
  • モリンガ総合専門通販ショップ モリンガワールド誕生
  • シアモリンガクリーム
  • モリンガ人気No.1!健康・美容の伝道師 モリンガ粒タイプ
  • モリンガパウダー モリンガ茶
  • スーパーウォータープラス シルクモリンガミスト

健康・美容サポート情報

無添加石鹸Q&A【モリンガワールド】

無添加石鹸Q&A_本当の無添加石鹸とは?

本当の無添加石鹸とは何か?”について所見を述べさせて頂きましたのでお目通しください。

当店の無添加石鹸のほぼ100%が化学合成添加剤を一切含まない本当の無添加石鹸です。

赤ちゃんから高齢者まで、あらゆる方々の肌・髪・頭皮の健康のために、頑固なまでに完全無添加石鹸をご提供させて頂いております。
当店の主義主張

美肌づくりは石鹸選びに始まり石鹸に終る。

健康な肌・髪・頭皮は一日にしてならず。真のナチュラルケアの継続こそすべて。

肌・髪・頭皮の真の健康を望むなら、弱酸性だけでの甘やしすぎはダメ。

肌乾燥が気になるあなたこそ、ノンケミカルな本物の無添加石鹸を使うべき!

当店はアレッポの石鹸でインターネットショップを開設した会社ですので、ことのほか石鹸にはこだわりを持っております。

昨今オーガニックや無添加がブームですが、「無添加」と聞けば安心な気持ちになるのは早計です。

なぜかと申しますと、無添加にもさまざまなレベルがあるからです。

TV・新聞・ネット広告等の「無添加商品」といわれるスキンケア商品の成分を見ると、「石油系、パラベン、色素、人工香料、旧指定成分」が無添加というものがほとんどです。今後、意識して見てください。

石鹸でも同様。石鹸によくある表現は「植物性、色素・香料無添加」です。

色素・香料無添加とは色素・香料以外の化学合成添加物は入っていると言うことになります。

たとえば、BHT・BHA等の酸化防止剤、エデト酸・エデト酸塩(EDTA)、エチドロン等の金属封鎖剤(キレート剤)、黄色〇号のような色素が石鹸によく配合される化学添加剤です。

市販の安い石鹸もそうですが、無添加といわれる石鹸の中にも、製造前のオイルの中に酸化防止剤を入れて作られる場合があります。

この場合、全成分には表記しなくてもよいことになっていますので消費者にはわかりません。

モリンガワールドが考える本当の無添加石鹸とは何か。

一部が無添加、旧指定成分が入っていないというだけでなく、石油由来原料はもちろん、あらゆる化学合成添加剤一切が無添加で作られた石鹸です。

化学合成の防腐剤、酸化防止剤、金属封鎖剤(キレート剤)、発泡成分、色素、人工香料が添加されずに作られた本物の石鹸、つまり完全無添加石鹸

当店販売の無添加石鹸のほぼ100%が完全無添加石鹸です。

無添加石鹸Q&A

当店には石鹸に関する様々なお問合せが連日あります。

その中で、多い質問とその回答をまとめてみました。本物の無添加石鹸を選ぶ際にお役に立てればこの上ない喜びです。

基本的なことですが、日本においては洗浄剤は【石けん(せっけん)】と【合成洗剤】の2つに大きく分類されます。

一般的に言う合成洗剤とは合成界面活性剤のことです。合成シャンプーも合成界面活性剤。

また石けんと合成界面活性剤を混合した「複合せっけん」というものも存在します。「複合せっけん」の洗浄剤は石けんと合成界面活性剤の混合。

固形石鹸、シャンプー、各種洗剤の表記には、石けんか合成洗剤かの表示上の区別はされてはいませんが、全成分内容を見ると判別できます。

商品パッケージに記載されている成分で、「石鹸(せっけん)素地」、「○○脂肪酸Na」、「○○脂肪酸K」が石けん成分です。

たとえば、当店の石鹸人気No.1のアレッポの石鹸の成分は「石鹸素地」だけです。これは「オリーブオイルとローレルオイル(月桂樹オイル)だけで作って、混ぜ物一切なしの石鹸素地100%」と言う意味です。これが本当の無添加石鹸(完全無添加石鹸)です。

ニーズに応じて、効果オイル、エキス、精油などを配合して作られる無添加石鹸もありますが、ベースは「石鹸素地」。

市販の石鹸のほとんどは、エチドロン酸(金属封鎖剤)、EDTA(エデト酸/金属封鎖剤)、黄・青・赤色〇号(合成色素)、人工香料などの化学合成添加物を配合しています。

また、全成分を見てもわかりませんが、石鹸製造前に、油脂に酸化防止剤を混ぜておく手法があります。これは合法ではありますが、肌がデリケートな方にはピリピリするなど、微妙に感じ取られるようです。

成分表記上の義務はありませんが製品に残留する成分のことをキャリーオーバー成分といいます。

本物の無添加石鹸(完全無添加石鹸)とは、上記に挙げたような化学合成添加剤を一切を含まない石鹸のこと。

当店の無添加石鹸のほぼ100%が完全無添加石鹸です。




現代の固形石鹸製造においては、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は必須の原料となっています。苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)使わないと固形石鹸を作ることはできません。

油脂に苛性ソーダを混ぜると化学反応(けん化)を起こして 脂肪酸ナトリウム(石鹸素地)とグリセリン(天然保湿成分)が出来ます。

「けん化」の時点で 脂肪酸ナトリウムができ、当初の油脂とは「別もの」に変わることで苛性ソーダの残留はほとんどありません。また微量に残留があったとしても、自然乾燥の時点でなくなりますのでどうぞご安心ください。

液体石けん(ボディソープなど)を作る場合には水酸化K(カリウム:苛性カリ)を使用します。

大昔は植物を燃やした後にできる「灰」をオイルに混ぜて作っていたようですが、ある程度の生産量が必要な現代では不可能に近いですね。

店長佐藤は、いつか「灰」で石鹸作りにトライしてみたいと考えています。




石鹸の使用感は油脂の脂肪酸によって若干異なると思います。

例えばヤシ油(パーム)などはラウリン酸が多く含まれますが、ヤシ油をベースにしたココナッツ系の石鹸はとても泡立ちが良く洗浄力がある石鹸です。

またオリーブ油にはオレイン酸が多く含まれています。オリーブ系の石鹸は、汚れを落としながらも必要な皮脂は残し、しっとり潤いを与えてくれるという特徴があります。

オイルの特性、期待効果、保湿、香り、仕上がりなどをイメージしながらユーザーニーズに合う石鹸を作ります。

当店の石鹸は、オリーブ油系が多いですが、純粋にオリーブだけ、オリーブと月桂樹オイル、オリーブとパーム、アボカドなど多種多様な石鹸をご用意しております。

実際に使い比べて頂くと違いがおわかり頂けます。




影響すると思います。

石鹸のクオリティと価値は、原材料はもちろんですが製法によっても差が出ます。

石鹸製法には、機械で手っ取り早く大量に作る【中和法】と、無添加石鹸の一般的な方法の【鹸化(けん化)法】があります。また釜炊き(ホットプロセス)と加熱しないコールドプロセス製法の区別もあります。

要は、大量生産して安上がりの石鹸を作るのか、手間隙かかっても本当の石鹸を作るのか、です。

端的に言うとこれだけで石鹸の価値(価格も)がある程度決まります。すべてメーカーの考え方によるものです。

製法について説明します。

まず、鹸化(けんか)法ですが、植物油など(脂肪酸)と苛性ソーダを反応させて作ります。出来たものが脂肪酸ナトリウム(純せっけん分)で、脂肪酸から遊離した保湿成分「グリセリン」もできます。

【補足】 カリウム石鹸の場合には、油脂に水酸化K(カリウム:苛性カリ)を入れて造ります。カリウム石鹸の場合、苛性ソーダを入れて作る固形石鹸とは異なりジェル状になります。(水溶性が高いので、水を加えるとボディソープのような液体石けんになります。)

グリセリンは石鹸の潤い成分として残りますが水分を吸着する性質が有り、そのまま残っていると比較的溶けやすい石鹸になってしまいます(これが自然石鹸の特徴)。ですので、溶けにくい石鹸に仕上げたい場合には「塩析」をしてグリセリンや不純物を取り除くこともあります。これで石鹸素地が完成。

通常、釜で油脂を炊き込み、石鹸職人が味を確めながらじっくり時間をかけて作ります。そして鋳型等に流し込んで固めて出来上がります。これを枠練(わくねり)と呼びます。出来上がったものを一個一個切らなければならないので作業は結構大変です。

一方、中和法は、油脂をまず最初に脂肪酸とグリセリンに分離し、脂肪酸とナトリウムを化合させます。これできた石鹸にはグリセリンは全く入っていません。 必要であればグリセリンをあとから適量加えます。

また様々な素材を添加(保湿剤・発泡剤・合成香料・防腐剤・金属封鎖剤・合成着色料・酸化防止剤など)して石鹸の完成品を作ります。 この方法は上記の枠練に対し、機械練(きかいねり)と呼ばれ、硬く・形良く・早く・大量に作ることが可能なので大手メーカーが好む方法です。

簡単に早く作れるのでそこそこ安く買えるのです。ご理解いただけましたか?




石鹸シャンプーのビギナーさんに多い質問です。石鹸シャンプーのビギナーさんに多い質問です。

合成シャンプーから石鹸シャンプーに替えた時に誰しもが経験します。

そして使用感のギャップに耐え切れず断念する人は少なくありません。しかし石鹸シャンプーの開始当初はきしみを感じるのは当然といえば当然です。

石鹸シャンプーには一般的な合成シャンプーのように人工シリコン【合成コーティング剤(ジメチコン・メチコンなど)】が入っていないので、髪にコーティングをしてくれるわけではないからです。逆に石けんで髪の人工被膜が剥がれることできしみを生じます。

洗浄力の強い石油系の合成シャンプーを長年使っていると髪のキューティクルは損傷を受けます。その傷んだキューティクルの凹凸に石鹸カスが残留します。

「乾かしてからブラッシングするとハラハラと白い粉が落ちてきますがこれは何ですか?」、という石鹸シャンプーを始めたばかりの方に多い質問ですが、これは「石鹸カス」です。

3か月ほど石鹸シャンプーを続けているときしみは気にならなくなってくるはずです。そのころには、髪・頭皮が健康になってきていることを実感されることでしょう。

まずは「3か月は続ける」気持でチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

どうしてもきしみが気になる場合には石鹸シャンプー専用リンスやクエン酸リンスで髪を中和させてあげてください。

石鹸カスでの補足です。

水に含まれるカルシウム・マグネシウム等のミネラルが石鹸と反応し石鹸カスが出来ます。ミネラル成分を除去した純水や、もともとミネラルが少ない軟水なら石鹸カスはほとんどできませんし、リンスが不要なくらいサラサラヘアを実感できます。

水道水を逆浸透膜に通すと軟水が出来ますが、市販の軟水を買ってきてお試しになるのもよろしいでしょう。

美しい髪づくりをするにはシャンプーだけでなく、そのあとのヘアケア、そしてヘアブラシ選びもとても大切です。

シャンプーしてコンディショナーを使ってそれで終わりではなく、日中の乾燥から髪を守り、こまめにブラッシングをすることが必要です。

せっかく良質なシャンプーを使っても、使うブラシや櫛がプラスチックやセルロイドであってはいけません。天然毛ヘアブラシをご使用になられてみてください。

静電気や跳ね上がりを予防し、ツヤのあるサラサラヘアにしてくれます。

合成シャンプーから石鹸シャンプーに替えた時に誰しもが経験します。

そして使用感のギャップに耐え切れず断念する人は少なくありません。しかし石鹸シャンプーの開始当初はきしみを感じるのは当然といえば当然です。

石鹸シャンプーには一般的な合成シャンプーのように人工シリコン【合成コーティング剤(ジメチコン・メチコンなど)】が入っていないので、髪にコーティングをしてくれるわけではないからです。逆に石けんで髪の人工被膜が剥がれることできしみを生じます。

洗浄力の強い石油系の合成シャンプーを長年使っていると髪のキューティクルは損傷を受けます。その傷んだキューティクルの凹凸に石鹸カスが残留します。

「乾かしてからブラッシングするとハラハラと白い粉が落ちてきますがこれは何ですか?」、という石鹸シャンプーを始めたばかりの方に多い質問ですが、これは「石鹸カス」です。

3か月ほど石鹸シャンプーを続けているときしみは気にならなくなってくるはずです。そのころには、髪・頭皮が健康になってきていることを実感されることでしょう。

まずは「3か月は続ける」気持でチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

どうしてもきしみが気になる場合には石鹸シャンプー専用リンスやクエン酸リンスで髪を中和させてあげてください。

石鹸カスでの補足です。

水に含まれるカルシウム・マグネシウム等のミネラルが石鹸と反応し石鹸カスが出来ます。ミネラル成分を除去した純水や、もともとミネラルが少ない軟水なら石鹸カスはほとんどできませんし、リンスが不要なくらいサラサラヘアを実感できます。

水道水を逆浸透膜に通すと軟水が出来ますが、市販の軟水を買ってきてお試しになるのもよろしいでしょう。

美しい髪づくりをするにはシャンプーだけでなく、そのあとのヘアケア、そしてヘアブラシ選びもとても大切です。

シャンプーしてコンディショナーを使ってそれで終わりではなく、日中の乾燥から髪を守り、こまめにブラッシングをすることが必要です。

せっかく良質なシャンプーを使っても、使うブラシや櫛がプラスチックやセルロイドであってはいけません。天然毛ヘアブラシをご使用になられてみてください。

静電気や跳ね上がりを予防し、ツヤのあるサラサラヘアにしてくれます。




石鹸シャンプーすると、石鹸カスが髪・肌に付着したり、頭皮の毛穴に入り込んだりするので良くない⇒だから液体シャンプーが良い!

まったく根拠はないと思われます。単に液体シャンプーを売らんがための戦略と思われます。

その関連で問い合わせのあった方に話を聞くと、「石鹸カスが頭皮の毛穴に入り、毛髪の促進を阻害する・・・」ということをそのメーカーが言っていたと言うことらしいです。毛穴に入り込んだ石鹸カスがずっと出てこなければ問題ですが、ご心配は無用です。

石鹸の歴史は数千年におよび、数十年前に出現した液体シャンプーとは歴史的背景からして大きく異なります。

たとえ毛穴に入り込んだ石鹸カスがあるにしても、発汗や新陳代謝により除去されるのでご心配は要りません。洗髪時にしっかり洗い流せば心配に及ぶレベルではないと考えます。




少なからず頂く質問です。

これをお読みのあなたも、アルカリよりも弱酸性が良いと思っているおひとりではございませんか?

肌・髪・頭皮は弱酸性なので、確かに弱酸性のほうがやさしくて良いような気はします。

「弱酸性で肌・髪にやさしく低刺激」という宣伝文句で売っているシャンプーや化粧品は多いですよね。健康な肌・髪・頭皮のphが4~6の弱酸性と言われています。

だからといって弱酸性のスキンケア、ヘアケアだけをおススメするのが的確とは思っていません。

弱酸性は肌や髪質に近いので低刺激でやさしいことには間違いありません。弱酸性のシャンプーで洗髪する場合、アルカリの石鹸シャンプーよりきしみも少なく使いやすいでしょう。だからといって弱酸性が良いと最終決定するのは早計です。

肌・髪・頭皮の健康を維持するのにとても大切なことがあります。それは、肌・髪・頭皮を甘やかしちゃダメ!ということです。

肌や髪を甘やかすとは肌・髪・頭皮を過保護にする、ということです。

肌や髪にも自然治癒(自然回復)作用があります。

アルカリの石鹸を使って肌・髪・頭皮が瞬間アルカリになっても、乾けば弱酸性に戻るのです。自然回復していくその過程が大切なのです。

ですので、やさしい弱酸ばかり使っていると肌・髪・頭皮が甘えて過保護になるのですよ。甘えさせるとせっかくのあなた自身が持つ自然の回復力が衰える可能性が出てきます。

過保護にしたら子供の甘えがますます助長しませんか?子供の自立心を阻害しませんか?それと同じです。自然の摂理なのであらゆることに通じます。

アトピー等のアレルギー肌の人たちは、アルカリの石鹸を使用すると、普通の人より弱酸に戻る時間が長いと言われています。自然の回復に期待したいからこそアルカリである石鹸をおススメしたいのです。

弱酸性の洗顔料ではなく、無添加洗顔石鹸をおススメする理由はここにあるのです!

肌をツルツルにする「美人湯」と呼ばれるナトリウム温泉はアルカリですよね。

また石鹸ではありませんが、当店オリジナルのアルカリ化粧水(ミネラルSPケアローション、プレ化粧水フルボ)は、ご使用者からとても高い評価を頂いています。当店スタッフも大絶賛の一品。ぜひ一度お試しください。

ただ、弱酸性の化粧品やシャンプーがほとんどの昨今、アルカリのアイテムを探すのは難しいでしょうね。

肌を甘やかさないためにも、少なくとも洗顔やボディ洗いは「石けん(ボディソープ含む)」をお使い頂くことをおススメいたします。

無添加石鹸生活で、皆さまの肌・髪・頭皮の健康美が育まれることを心から願っております。


上述した内容は、あくまでも皆さまへの「安心安全のアドバイス」と受け取って頂ければ嬉しいです。

決して強要するものではありませんので、良い!、と感じたら行動に移してみてください。

宣伝文句やブームに便乗せず本質を見極められる賢い消費者になって頂きたい。これが当店の願いです。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

・当店の営業は平日AM9:00-PM5:30までとさせて頂いております。
・土日祝の営業・発送はお休みを頂戴しております。
・平日10:00までで在庫あるご注文分は当日発送可能です。
・各種お問合せは翌営業日にご対応させて頂きます。

ページトップへ