魂の商材屋:元祖モリンガ専門店
元祖モリンガ専門店 魂の商材屋  モリンガをお求めなら 国内最初に販売を手がけた実績ある当店で!

スーパーベジタブル モリンガは力のある野菜。
スーパーベジタブル モリンガで健康  美容  スポーツ  爽快な朝!(赤ちゃんから高齢者まで)
>> このサイトは「魂の商材屋」の姉妹サイトです

いつもの食事にちょっとモリンガをプラス
モリンガパワーで毎日がイキイキ元気ハツラツ!
いつもモリンガをごひいきにして頂きまして誠にありがとうございます。

当店のモリンガは、モリンガのふる里ともいわれるインドで自然栽培された原種モリンガの種子を沖縄で無農薬・無化学肥料栽培および、徹底した製造・品質管理を施したモリンガを使用しています。

当店では、類稀なるスーパーベジタブル『モリンガ』の葉っぱや種子オイルを使用したモリンガ商品を、買い取り販売または自社開発しております。すべてノンケミカルですので、赤ちゃんからご高齢者まで安心してご使用頂けます。

モリンガの粒タイプモリンガパウダー(微粉末)モリンガ茶(ハーブティー)は、食生活における栄養補給はもちろん、毎日の活力、お肌の健康美、お子様の健やかな生育、スポーツ、ダイエット、スッキリ爽やかな朝・・・など、あらゆる方の毎日の元気の源に超おススメです。人間様だけでなく可愛いペットにもどうぞ!

皆様の真の健康と美に、末永くお役立て頂ければ幸甚でございます。

★モリンガはインドのアーユルヴェーダにおいては必須の植物と言われます。
★フィリピン共和国では2012年11月、モリンガが国菜(ナショナルベジタブル)として認定されました。
★モリンガなら、元祖モリンガ(老舗)の当店のモリンガをご用命ください。


当店大人気のモリンガ製品



モリンガスキンケア大人気3商品

当店大人気のモリンガ製品


モリンガは 驚くべき栄養素を含む稀有な亜熱帯植物


 その栄養素の中でも 他の野菜・果物・食品を圧倒する特筆すべき成分は以下。

 ◆ミネラル(カルシウム・カリウム・マグネシウム・亜鉛・リン・マンガン) 
  ◆ビタミン(ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンE・ビタミンK)
  ◆アミノ酸  
 ◆ポリフェノール、ギャバ(γアミノ酪酸)、葉酸


    スーパーフードの中の“スーパーフード”モリンガ!

         モリンガを知らずしてスーパーフードは語れない。

モリンガがはじめての方へ

アフリカ・インド・フィリピンなど海外ではあまりにも有名な植物

『モリンガ』はアフリカ、インド、フィリピン等の亜熱帯地域に生息する植物です。

学名:Moringa oleifera(モリンガ オレイフェラ) 和名:ワサビノキ

ツリーフォーライフ マルンガイ(母親の親友)

日本ではまださほど有名ではありませんが、海外ではあまりにも有名な植物なのです。

モリンガは、海外では上記のような名称で親しまれ、約80種類ほどの呼称名があるといわれます。

モリンガの正式名称は、「モリンガ」もしくは「モリンガ・オレイフェラ」。日本の学術名は「ワサビノキ」と言います。
モリンガは、アフリカ、インド、フィリピンなどの熱帯、亜熱帯地方に自生する植物です。

生育が非常に早いのも特徴で、1年目で結実し、2年目で10mにもなる場合があります。

亜熱帯の国々ではモリンガは身近な植物ではありながら、とても貴重な植物として大切にされているのです。
(※店長はフィリピンに行った際にはモリンガではなく「マルンガイ」で通じました。)
2003年3月30日付けのヘラルドトリビューン紙の紙面の半分を裂いてモリンガの記事が出ました。

その記事タイトルは以下です。

The Magic of Moringa

A Silver Bullet? Gnarly Tree Can Cure the Ill , Purify Water and Feed the Hungry

訳したらこんな感じでしょうか。
『銀の弾丸? 節くれだったその木は病を癒し、水を浄化し、空腹を満たす』

さらに海外では、愛着と敬意を込めて、このように呼ばれています。

◎ ツリーフォーライフ (Tree for Life/生命の木)
◎ マルンガイ(母親の親友/フィリピン)
アーユルヴェーダでも必要な植物モリンガ

モリンガの原産地は北インドといわれます。インドといえば皆様ご存じの、世界最古の伝統医学「アーユルヴェーダ」発祥の地。「アーユルヴェーダ」は約5000年前に体系化され、生活において心身の浄化の方法を知ることが最も大切な知恵であるとの言い伝えのある療法です。モリンガの原産地は北インドです。

紀元前2500年頃にインド北西部でインダス文明が発祥し、文明の発展と共に東洋医学の基礎もできたようです。昨今よく耳にするようになった「アーユルヴェーダ」ですが、サンスクリット語で「アーユル=智恵、ヴェーダ=生活」の意味で、 「心身共に健康な生活を送るための智恵」との理解ができます。アーユルヴェーダでもモリンガは有益な植物とされています。

またアフリカでは「緑のミルク」とも呼ばれ、賞賛されています。アフリカやインドでは葉っぱや種を食べる習慣もあり、カレーや缶詰にされて常食されています。中近東、東南アジアなど熱帯・亜熱帯地域の国々でも昔から葉っぱ、さや、種などは食用にされていたようです。またフィリピンではモリンガを「国菜(National Vegetable)」としている現状もあります。

何千年もの間にモリンガは大きな価値を見出され、周辺の亜熱帯地方から広がり、アフリカ、インドネシア、フィリピンなどの国々まで行き着きましたが、沖縄には自生していません。(当店のモリンガはモリンガ発祥の地といわれるインド産の原種モリンガを沖縄で無農薬・無化学肥料栽培したものです。)
様々な可能性を秘めるスーパーベジタブル『モリンガ』

モリンガの実・種(油)・茎・花・根 最近、よく耳にする「植物栄養素」(フィトケミカル)。その一つに過去には振り向かれなかった植物の色素があります。強い紫外線から身を守るために存在する色素のカロチノイド、トマトのリコピン、ブドウのポリフェノールなども有名になりました。

モリンガは、灼熱の熱帯、亜熱帯の環境の中で、根っこに大きな水のタンクを作りつつ、1年で4−5m以上も伸びていくエネルギーを持っています。葉を落とした後もさらに木の幹を太くして毎年、葉をつけ、花を咲かせて実を実らせます。

さらに、モ リンガは葉っぱだけでなく、「実・種()・茎・花・根」のすべてに利用価値があります。特定の部位のみでなく、木の全てが使えるのもモリンガの大きな魅力です。モリンガの根は水の浄化作用があるので、環境問題解決への活躍も 期待されるところです。
【補足】
モリンガはCO2を杉の木の50倍以上も吸収し、 私たちが暮らす地球の温暖化防止に大きく貢献できる有用樹木です。
国連/世界保健機関(WHO:World Health Organization)では、極貧地域の人々の栄養補給、地球規模のテーマのCO2削減の両面から、“ミラクルツリー(奇跡の樹木)モリンガ”の植樹を推奨しています。
モリンガ製品としてポピュラーなのは 葉っぱから作られた粒タイプパウダータイプお茶(ハーブティー)などですが、モリンガの種子から採れるオイルはオリーブオイル以上とも言われています。

モリンガを使用したスキンケア商品は、海外の化粧品メーカーだけでなく、当店でも、完全無添加石鹸モリンガハーブシャンプーモリンガボディソープモリンガローションモリンガクリーム等のスキンケア商品を企画開発しています。

モリンガはインド、アフリカ、フィリピン、インドネシアなどの亜熱帯の国々では古来より大活躍していますが、日本ではこれからが本番です。

今回はじめてモリンガに接した皆さまには、ぜひこの機会にモリンガについてお見知りおきください。知っておかれて決して損はないと思います。

さらにお試し頂いて、ご家族皆さまの健康と美にお役立てればこの上ない喜びです。

スーパーベジタブル『モリンガ 』 をこれからどうぞよろしくお願い申しあげます。


店長のひとこと

ココナッツモリンガクリーム
魂の商材屋 スーパーウォータープラス シアモリンガクリーム モリンガシードオイル