モリンガワールドはモリンガ専門通販ショップ。モリンガサプリメント モリンガ化粧品 モリンガ食品を販売中。

大切なミネラルについて

ミネラルは生命維持においてとても大切な元素。しかしビタミンやアミノ酸のように体内合成できません。

だから食べ物やサプリメントで摂取するしかないのです。

◎ ミネラルは、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅など約110種類の元素の総称。

◎ 人間のカラダは、炭素・窒素・水素・酸素の4元素(有機元素)と+ミネラルでできている。

◎ ミネラルはカラダに絶対的な必要成分で、それぞれが重要な役目を担っている。

◎ カラダを造れるのは食べ物(口に入れるもの)からだけ。ミネラルも食べ物から摂取、吸収される(サプリメントも含む)。

◎ 野菜、穀物等のミネラルは大幅に減少。穀物、砂糖に元来含まれるミネラルや繊維質などの栄養素は、精製過程で除去される。塩も化学的製法でミネラルを除去されて99.9%塩化Na(一般的に売られている「塩」)となる。

◎ ミネラルは、単体元素それぞれが相互補完しながら現れる「相乗作用」、またその時点で不必要な元素は相互にけん制しあって排除(排出)する「拮抗(きっこう)作用」とで成り立っているといわれる。このミネラルの性質から、特定のミネラルだけをサプリメントで摂取し続けるのはあまりおススメではない。

◎ ビタミンはミネラルがないと働かないともいわれる。

大切なミネラルについて

ミネラルは野菜、穀類などの食べ物から十分にまかなえる、というのは今となっては遠い過去の話。

皆さんはビタミンに関しては意外と良く知っていますよね。どの果物にビタミンCが多いとか、ビタミンが欠乏するとどうなるとか・・・。

ビタミンC、Eなどは日常メディアなどでも頻繁に紹介されていますから当然のことかもしれません。

一方、ミネラルはどうでしょう?鉄、マグネシウム、カリウム、亜鉛、銅の含有量が多い食物をどれだけ言えますか?

ミネラルという名称はご存知でしょうが、何の役に立つのかはあまり知られてないようです。「ミネラル」という単体成分が存在するものと勘違いされている人も少なくないようです。

ミネラルというのは、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅など約110種類の金属元素の総称です。地球上には約110を超える元素があり、私たちの体内にもほぼ同じくらいの元素が存在するようです。

人体を構成する元素は、原始の海に生物が誕生した頃の海水の構成元素に近いといわれています。その中でも生命を維持するために必要不可欠な元素として現在わかっているのは約30種類ほど。

カラダの約96%は炭素・窒素・水素・酸素の4元素(有機元素)から構成されています。それ以外の約4%がミネラル。

上記の有機元素と、「ナトリウム、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、塩素、マグネシウム」を合わせた11種類で総構成元素の99%を占めています。

この中で金属元素は、「ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム」の4種類。「ナトリウム、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、塩素、マグネシウム」は、人間の体内存在量の多い主要ミネラルです。

残りの1%は、体内存在量の多い順に、鉄、フッ素、ケイ素、亜鉛、鉛、バナジウム、ヒ素、マンガン、ヨウ素、セレン、ニッケル、モリブデン、スズ、クロム、コバルトなどで、これらを「微量ミネラル」と呼びます。

このあたりになると、昔、化学で習ったようなかすかな記憶がよみがえってきませんか?

主要ミネラルはもちろん、微量ミネラルも体にとって非常に大切なものです。

ミネラルは無機物なのでカロリーはありませんが、私たちのカラダを構成する細胞も多種類のミネラルで構成され、タンパク質やビタミンと反応(酵素として)してカラダの発育、代謝、生理作用のコントロールなど、人体を健全に発育させ、生命を維持しているといわれます。

ミネラルは代謝活動の中心を担う大切なものなの。どれかが欠けても生命維持不可能。そしてミネラルは体内で生成できません。だから食べ物(口に入れるもの)で摂り入れるしかないのです。

ミネラルには以下の働きがあります。どれも重要ですね。

歯や骨格を形成する、人体の構造材料としての働き

カラダの発育、新陳代謝をつかさどるホルモンとしての働き

人体のすべての代謝機能や化学合成に関与する酵素としての働き

毎日の栄養バランスを考えた食事からしっかりミネラルを摂って頂くのは基本ではありますが、好き嫌い、不規則な生活、昨今の野菜・穀類のミネラル減少を鑑みると、付加価値の高いサプリメントでのサポートも必要な時代に突入したと言えるのではないでしょうか。

そこでおススメしなければならないのが栄養素の宝庫「モリンガ」。そうです、今こそモリンガの出番です!


野菜とモリンガのミネラル成分比較(100g中)

発酵モリンガ

沖縄モリンガ

小松菜〈生葉〉

にんじん〈皮付き生根〉

ほうれんそう〈生葉〉

ナトリウム(mg)

12.8

39

15

28

16

カリウム(mg)

684

2400

500

300

690

カルシウム(mg)

1,580

450

170

28

49

マグネシウム(mg)

143

210

12

10

69

リン(mg)

212

1500

45

26

47

鉄(mg)

21.6

6.6

2.8

0.2

2

亜鉛(mg)

2.22

1.1

0.2

0.2

0.7

銅(mg)

0.79

0.6

0.06

0.05

0.11

マンガン(mg)

1.08

31

0.13

0.12

0.32

セレン(μg)

182

1

3

モリブデン(μg)

200

200

10

5

◎発酵モリンガ:一般社団法人日本食品分析センター
◎沖縄モリンガ:(株)日本食品機能分析研究所
◎野菜の成分:日本食品標準成分表(七訂)