スーパーハーブモリンガで 美しく 健やかに当店は2005年よりモリンガ販売に携わる国内先駆者です
モリンガスキンオイル30ml【食用グレードのオーガニックモリンガ美容オイル(ヘアオイルにも)】
モリンガスキンオイル30ml【食用グレードのオーガニックモリンガ美容オイル(ヘアオイルにも)】
モリンガスキンオイル30ml【食用グレードのオーガニックモリンガ美容オイル(ヘアオイルにも)】
モリンガスキンオイル30ml【食用グレードのオーガニックモリンガ美容オイル(ヘアオイルにも)】
モリンガスキンオイル30ml【食用グレードのオーガニックモリンガ美容オイル(ヘアオイルにも)】
モリンガスキンオイル30ml【食用グレードのオーガニックモリンガ美容オイル(ヘアオイルにも)】
モリンガスキンオイル30ml【食用グレードのオーガニックモリンガ美容オイル(ヘアオイルにも)】
モリンガスキンオイル30ml【食用グレードのオーガニックモリンガ美容オイル(ヘアオイルにも)】
¥2,800

モリンガスキンオイル30ml【食用グレードのオーガニックモリンガ美容オイル(ヘアオイルにも)】

+

在庫 1

モリンガスキンオイル 30ml

モリンガスキンオイル 30ml

商品情報

商品名

モリンガスキンオイル

商品区分

化粧品

内容量

30ml

全成分

ワサビノキ種子油(EUオーガニック認証)

成分補足

  • オーガニックモリンガ圧搾油100%。
  • 界面活性剤・石油由来原料・シリコン・合成ポリマー不使用。
  • 化学合成の防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)・酸化防止剤・着色料・人工香料無添加。

用途

「顔、髪、ボディ、手脚」のケアサポート。オイルリンス、バスオイルにも使えます。

保存方法

直射日光や高温多湿を避けて常温で保管してください。

使用期限

製造月より未開封3年。開封後は6ヶ月以内にご使用ください。防腐剤ほか化学合成添加剤は一切無添加のため、開封後はお早めに使い切ってください。

ご注意事項

モリンガスキンオイルは特性上、気温が低下すると硬くなって白濁します。出しづらくなった場合、以下のような方法で対処して頂ければと思います。品質には問題ございません。

【出しづらくなった場合】
60℃位のお湯に入れて温める(湯せんをする) 。

【硬くならないようにするために】
常時20度以上の室内に置く (暖房の効いた部屋で保管する)。

製造年月

容器ラベルにロットナンバー表記。現在販売中の商品は「2021年4月」製造のものです。

原産国

インド

モリンガスキンオイル(美容用)について

モリンガスキンオイル(美容用)は、スキンケア、ヘアケアに使うオーガニックモリンガシードオイル(EUオーガニック認証)。

モリンガのふる里インド産モリンガの種を低温圧搾(コールドプレス)した100%ピュアオイル。料理にも使えるグレードのオーガニックモリンガオイルです。

顔、髪、ボディ、手、脚」など全身に使えるオールマイティな美容オイル。1本常備して頂くととても重宝します。

とてもなじみが良く、べたつかず、塗ったあとサラッとしながらも保湿十分。べたつくからオイルは苦手、という方にもおススメしたいスキンケアオイルです。

肌乾燥を防ぎ、ハリ、ツヤ、柔軟性を与えます。かさつく手、脚、かかとの保湿にも最適。

パサつく髪、頭皮、毛先、唇、ネイル、男性の髭剃りあとのケア、化粧下地にも使えます。フェイスマッサージオイルにも的確。

使い方は簡単。化粧水のあとにつけるのが一般的ですが、導入オイル(ブースター)とし化粧水の前につける方法もあります。

また手早く行いたい方におススメなのは化粧水とオールインワンでつける方法。手のひらにオイルを適量とり、その中に化粧水を混ぜると薄く伸び良くつけることができます。油分、水分量の調整でオールシーズンお使い頂けます。

モリンガスキンオイルがあれば、赤ちゃんから高齢者のスキン&ヘアケアサポートでお役立て頂けます。

★モリンガオイルは酸化しにくいオイルなのでオイル焼けの心配はございません。

モリンガスキンオイル 30ml モリンガ

モリンガオイルの豆知識

化粧品としての成分名称はモリンガオイルではなく「ワサビノキ種子油」。

モリンガオイルの歴史は紀元前に遡ります。旧約聖書にはモリンガ種子による水の浄化などに関する記述があるらしい(※確かにモリンガの種子粉末には水の浄化作用があります)。

その時代のギリシャ、古代ローマ、エジプト、アレキサンドリアなどでは香水の原料、肌の保護には欠かせないオイルとして重宝されていたようです。

約200年前からは「ベンオイル」と呼ぶようになり、食用オイルとしてサラダや料理用として利用されたり、煙を出さずに明るい光をもたらすオイルとしてランプ用に利用されたり、時計の潤滑油として活用されたり、香油の原料、肌の保湿用の原料等に使用されてきました。

モリンガオイルには70%近くのオレイン酸(不飽和脂肪酸の一種でオリーブオイルも含有)が含まれています。オレイン酸は他の不飽和脂肪酸よりも酸化されにくいのが特徴。

またオレイン酸はヒトの皮脂に最も多く含まれている脂質、かつ、肌になじみやすい上に皮膚刺激性が少ないので、クリームや化粧水などのスキンケア商品の原料などに使用されています。

このようなことから、モリンガオイルはスキンケアに最適な「美容オイル」といえます。

モリンガスキンオイル 30ml オールマイティなスキンオイル

【ご注意事項】モリンガスキンオイルは100%ピュアオイルなので、冬場、気温が低下すると硬くなって白濁します。

品質には問題ございませんが、出しづらくなった場合には、お手数ではございますが「60℃位のお湯で温める(湯せんをする) 」「20度以上の室内に置く(暖房の効いた部屋で保管する)」などで対処して頂ければと思います。

翌朝すぐに使いたい方もいらっしゃるはず。硬くなって使えないと困るので、その対処方法として、瓶ごとビニール袋等に入れて「一緒におやすみになる(布団の中で自然に温める)」のもおススメです。

モリンガスキンオイルのPRポイント

  • オーガニックモリンガ種子を低温圧搾(コールドプレス)したピュアオイル(ほぼ無臭)。
  • とてもなじみが良く、サラッとしてべたつかない。
  • 保湿力が高く、顔・ボディ・手・脚・かかとなどの全身保湿に最適。
  • 髪、毛先のヘアオイルにも。
  • 乳液、クリーム、ハンドクリーム、リップクリーム代用、ネイルケア、化粧下地にも。
  • バスオイル、シャンプー後のオイルリンスにも使えます。

モリンガオイルの脂肪酸組成

脂肪酸組成とは、含有している脂肪酸の種類を示すものです。

モリンガオイルは、オリーブオイルやツバキ油と同じように、ヒト肌にやさしいオレイン酸が73.5%含まれています。酸化しやすい脂肪酸はほとんど含まれていないことが最大の特徴。

オレイン酸は不飽和脂肪酸ですが、残りの脂肪酸はバルミチン酸、ステアリン酸、アラキジン酸、ベヘン酸などの酸化しにくい飽和脂肪酸がほとんどで22%を占めています。

モリンガスキンオイル 30ml モリンガシードオイルの脂肪酸組成

モリンガオイルの脂肪酸組成

オレイン酸

モリンガオイルのオレイン酸含率はオリーブオイルとほぼ同等。酸化しにくく、うるおいを与える脂肪酸。皮膚に多く含まれる成分で、肌乾燥や紫外線から肌を保護します。

パルミチン酸

パーム油や牛脂など、多くの動植物の油脂に存在します。酸化しにくい脂肪酸。

ステアリン酸

シアバターや牛脂など、多くの動植物の油脂に存在します。酸化しにくい脂肪酸。

ベヘン酸

モリンガオイルに含まれる独特の脂肪酸。品質を安定性させ、肌や髪にもやさしく真珠のような光沢を与える。酸化しにくい脂肪酸。

使用方法

スキンケア

<化粧水のあとにつける>

化粧水で肌をうるおしたあと、間を空けずにすぐつけてください。

手のひらにモリンガスキンオイルを適量(1-2滴程度)をとり、やさしくハンドプレスして顔、首になじませてください。

スピーディーにつけたい場合には、手にとった化粧水にオイルを入れてオールインワンでなじませてください。素早く、薄く伸びよくつけるおススメの方法です。

オイルと化粧水の量を調整することで、肌質やオールシーズンに適したお手入れが可能となります。

モリンガスキンオイル 30ml

<ふき取りをしたあとにつける>

プレ化粧水(ふき取り化粧水)を使って肌の残留物(石鹸、洗顔料、クレンジング、メイクなどの残留)をふき取り、肌表面や毛穴を整えたあとにつけるとより一層の保湿が見込めます。

ふき取ったあとにモリンガスキンオイルをつける、または普段の化粧水で潤したあとにつける。どちらでも結構です。

<ブースター(導入オイル)として化粧水の前につける>

ブースターとしても使えます。洗顔後、化粧水の前につけることで化粧水をスムーズになじませることができます。

<ホットタオル>

肌乾燥サポートで、たまに行うスペシャルケアとしてホットタオルはおススメです。

顔全体にオイルをつけたあと、ホットタオル(やや熱めのお湯で濡らして絞って)を2-3分顔に乗せておくだけ。

すべての洗浄が終わったあと、湯船につかりながら行うのが良いタイミング。エステをしたあとのようなツヤ、ふっくら、すべすべを実感できるかも。

<浴室でのスキンケアにも>

バスオイルとして浴槽に数滴入れるのも良いですが、とくに通年の乾燥肌の方には、「上がり湯にオイルを入れて全身にかける」やり方が効果的。

洗面器に500ml程度入れたお湯にオイルを1-2滴ほど入れてかき混ぜたあと、「顔を洗って顔の保湿」、「ボディにかけて全身の保湿」ができます。

湯上り後に肌からの水分蒸散を防ぐとともに湯冷めしにくくなります。とくに乾燥シーズンのスペシャルケアにおススメ。お湯をかけたあと浴室の床に付着した付いたオイルを良く洗い流してください。

ヘアケア

乾燥によるパサつき、ごわつき、毛先のダメージケアに、ヘアオイルとしてお役立て頂けます。

細くて柔らかな髪はオイルをつけすぎるとペタンとなりやすいのでご注意ください。

<タオルドライ後のケア>

軽くタオルドライして水気が残る髪全体に、手のひらに1-2滴取ってまんべんなくつけてください。毛先だけ、ダメージのある箇所だけのケアにもおススメ。

<オイルリンスとして>

お湯を張った洗面器にオイルを2滴ほど入れて髪全体を髪を泳がせてすすぐ、または髪全体にゆっくりかけてお使いください。全体にかけるとボリュームダウンして髪がペタンとなりやすい方にはおススメいたしません。

<ホットタオル>

オイルを2滴ほど入れた洗面器のお湯を髪全体にムラなくつけたあと、ホットタオル(やや熱めのお湯で濡らして絞って)で髪を包み、そのまま5分程度置いてからタオルで髪をふくだけ。ツヤがない、パサつく、ごわつく、跳ね上がりがちな方のスペシャルケアにおススメ。

フェイスマッサージオイルに

顔のマッサージオイルにも使えます。

入浴、洗顔後にオイルを普段より多めに手に取って、フェイスマッサージを行うのはおススメです。

洗顔後にフェイスマッサージを行う場合、マッサージ後にべたつきを感じるようでしたらティッシュなどで軽く押さえてふき取ってください。フェイスマッサージは就寝前に行うと効果的。

<フェイスマッサージのやりかた>

優しく行えば頻繁に行っても肌に負担は少ない方法です。

心がけることは「中心から外に向けて」また刺激を与えすぎないために「優しく、こすらない」この2点を注意してお試しください。